李壹 画歴


1981年 中国蘇州生まれ

2017年 白日展 初入選
    東光会第十一回全国小品部門コンクール最優秀賞
    独立展 初入選

2018年 東光会第十二回全国小品部門コンクール 入選
    第15回 全国O.SM公募大賞展 入賞
    第16回 全国O.SM公募大賞展 入賞

2019年 第八十三回東光展 入選
    第八十五回東光会関西展 アートエキスプレス賞

現在  日本東光展 出品
    蘇州友蘇美術館書画学堂にてデッサン教師担当



小さい頃から、具象物に敏感で、いつも目の前の物をそのまま表現したいです。
経験が豊かになるにつれて、
憧れのルネッサンスからの19世紀にかけての写実的な油絵に憧れるようになりました。
それは私が写実的な絵が好きな理由です。
何故なら、私の心の中で表現したい感情を最大限に表現できるからです。
芸術は技術の最高の境地であり、芸術も技術とは切り離せないものだからです。
絵は求道の過程であり、画家が絵の具を通して、自分の心を観衆に見せる過程であり、
私と描かれた対象との対話であるからです。